FC2ブログ

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サイドスタンド問題解決

胆振東部地震の震源地から直線距離で32kmにある自宅の震度は6弱だった。
自宅に特に被害はなかったが、前日の台風21号でCTが倒れたのが痛かった…
勤務先の被害がそれなりにあり、そちらの復旧が大変そう。



こんな時にあれだが、どうしてもラリー乗りの人に早く伝えたい事があり記事にする。

ラリーのサイドスタンドは長いと感じている人が多いようだ。
そのため駐車時に車体が立ち気味になり、気を遣うことになる。
自分は普段はそれ程気にならないが、荷物を積むとかなり立ち気味になり気を遣う。

CRF250のスタンドに交換したり、ノーマルスタンドをショート加工している人がいる様だ。
手っ取り早そうなので、自分もCRF250のスタンドに交換してみた。
01_201809140400238a9.jpg

しかし、これだと車体が傾き過ぎて気を遣う。
02_20180914040024697.jpg
なかなか上手くいかない。

うん?、待てよ、そもそもスタンドの長さの問題なのだろうか。
そう言えばラリーで林道へ行くと気になることがある。
中程度のギャップでリアサスから「ギギッ」と音がし、どうやら底付きしている様だ。

乗り手の体重にもよるが、それを差し引いてもラリーのプリロード設定は明らかに弱い。
ひいてはこれが不必要な車体傾きの大きな変動の原因となっていると思う。

ノーマルリアサスはプリロード調整出来るタイプだが、調整するのが大変そう。
検索するとリア周りを大掛かりにバラしたり、サス自体を外したりしている。

そこまで手間を掛けたくないが、軽く覗いてみた。
右サイドカバーとエアクリカバーを外すと、奥に少しだけ見える。
03_20180914040034ef8.jpg
試しにマイナスドライバーで叩こうとしたが、手持ちのドライバーでは届かず。

急遽ホムセンで長いマイナスドライバーを購入し再挑戦。
04_201809140400358c3.jpg
叩いたら回った!

ついでに左サイドカバーも外して見た。
05_20180914040037176.jpg
右側よりも見える範囲は狭い。

左側もギリギリ叩けるが、右側だけで充分回せる。
06_2018091404003896a.jpg

本当ならサグ出しするべきだが、今回はテキトーに締め込んだ。
1回転半締めてみた。

結果は車体の傾きがちょうど良くなり、かなりイイ感じ。
07_20180914040040dc3.jpg

荷物が増えても乗り降りでも傾きの変動が少なくなり、とても扱い易くなった。
プリロードを強めたので足着きは若干悪くなったが、そもそもプリロード調整は足着きのためにするのではない。

調整後に林道を走っていないのでギャップ通過時の底付きについては不明だが、必要であれば再調整すれば良い。
左側サイドカバーを開けるだけなので手軽に出来る。
スポンサーサイト

| CRFラリーいじり | 04時13分 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。